天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 国際一覧 > 記事詳細

豪が“洪水復興税”導入へ/臨時収入1500億円見込む

2011/01/27 13:39

 【シドニー共同】昨年末から記録的な洪水が続くオーストラリアのギラード首相は27日、被害を受けたインフラの修復などに充てるため、所得に応じた一時的な負担を国民に求める“洪水復興税”を課す方針を明らかにした。11会計年度(11年7月〜12年6月)のみ実施し、約18億豪ドル(約1500億円)の臨時収入を見込んでいる。

 政府の発表によると、年間所得が5万豪ドルを超す中間所得層や高所得層のみを対象とし、それぞれの課税所得に応じて一定の割合を追加負担させる。年間所得が10万豪ドルの場合、負担額は週当たり5豪ドル程度になる見通し。洪水の被災者は対象から外す。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.