神戸製鋼、テレワーク拡充/4月から、国内5千人

2019/04/16 21:02

 

 神戸製鋼所は16日、自宅などで働くテレワーク制度を4月から拡充したと発表した。これまで育児・介護の従事者に対象を限定してきたが、工場の交代勤務者などを除く国内の従業員約5千人に広げる。仕事と家庭を両立しやすくするほか、柔軟で効率的な働き方を可能にする狙い。

 テレワークの就業場所もこれまで自宅か家族の居住地に限定してきたが、業務に専念できる場所なら認めることにした。取得上限も月4回から8回に増やした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459