ビザやマスター、集団訴訟が和解/7千億円支払いで

2018/09/19 06:23

 

 ビザなどのクレジットカード(ロイター=共同)

 ビザなどのクレジットカード(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】クレジットカード会社に払う手数料が不当に高いなどとして、小売店が米クレジットカード大手のビザやマスターカード、カードを発行する米大手金融機関を訴えた集団訴訟で、2社などが総額約62億ドル(約7千億円)を払う和解案で合意したことが18日、分かった。

 ロイター通信などが報じた。裁判所の承認を経て和解が成立する。

 小売店側は2005年、ビザとマスターカードが小売店から徴収する手数料を固定して、引き下げ交渉に応じないことなどが米独占禁止法(反トラスト法)に抵触するとして提訴していた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459