東証、午前終値は2万2571円/反落、下げ幅一時100円超

2018/09/12 11:55

 

 12日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。前日の米国株高を受けて買い注文が先行したものの、最近の上昇の反動から高値を警戒した売り注文に押された。下げ幅は一時100円を超えた。

 午前終値は前日終値比92円93銭安の2万2571円76銭。東証株価指数(TOPIX)は12・27ポイント安の1686・64。

 11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、新製品発表会を控えた米IT大手アップルの上昇が寄与し、3営業日ぶりに反発した。東京市場はこの流れを引き継ぎ、買い優勢で始まった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459