中国の固定投資、伸び率最低水準/1〜5月、債務抑制影響か

2018/06/14 12:17

 

 【北京共同】中国国家統計局が14日発表した主要統計によると、1〜5月の固定資産投資は前年同期比6・1%増となり、1〜4月と比べて0・9ポイント減速した。伸び率は記録の確認できる1998年2月以降では、最低の水準となった。

 中国政府は成長の速度よりも質を重視し、投資依存型の成長から転換する方針を示している。地方政府の債務増加を抑制する姿勢も強めており、地方で実施する公共事業投資などが減速したとみられる。

 固定資産投資のうち、民間投資は8・1%増となり、1〜4月より0・3ポイント低下した。不動産開発投資は10・2%増で、0・1ポイント下がった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459