電力8社が経常増益/業務効率化や修繕費減で

2018/04/27 19:18

 

 大手電力10社の2018年3月期連結決算が27日出そろい、東北電力と九州電力を除く8社で経常利益が前期より増えた。原油や液化天然ガス(LNG)の価格上昇で火力燃料費は膨らんだが、業務の効率化や発電所の修繕費減少が寄与した。

 売上高は全10社が4〜9%程度増えた。燃料費の変動を料金に反映する制度に基づき、販売単価が上がったのが要因だ。

 東京電力ホールディングスは、人件費や調達の見直しによるコスト削減により経常利益が12・0%増えて2548億円、中部電力は5・8%増の1285億円。関西電力は原発再稼働の効果もあり、10・7%増の2171億円となった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459