NY株続落、201ドル安/アップルが下げ主導

2018/04/21 05:50

 

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=20日(ロイター=共同)

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=20日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比201・95ドル安の2万4462・94ドルで取引を終えた。前日に続いてIT大手アップルが業績への懸念から売り込まれ、相場全体の下げを主導した。

 米長期金利が約4年3カ月ぶりの高水準をつけ、企業の金利負担増に対する警戒感が強まったことも売りにつながった。

 アップルは、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売不振が警戒された。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は91・93ポイント安の7146・13だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459