全日空社長に平子氏/ANAHD取締役

2017/02/16 17:54

 

 記者会見する、全日空の新社長に決まった平子裕志取締役執行役員=16日午後、東京都中央区

 記者会見する、全日空の新社長に決まった平子裕志取締役執行役員=16日午後、東京都中央区

 全日本空輸は16日、ANAホールディングス(HD)の平子裕志取締役執行役員(59)を4月1日付で全日空社長に起用する人事を発表した。トップ就任から間もなく丸4年を迎える全日空の篠辺修社長(64)は、ANAHDの取締役副会長に就任する。2020年に予定される羽田空港の国際線増枠の対応に向け、経営トップの若返りを図る好機だと判断した。

 平子氏は、営業推進本部や企画室、ニューヨーク支店など幅広い部門に携わってきた。経験を生かし、今後も成長が期待できる海外路線網の収益力強化に努める。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459