米消費者物価0・6%上昇/1月、原油価格が押し上げ

2017/02/15 23:11

 

 【ワシントン共同】米労働省が15日発表した1月の消費者物価指数(季節調整済み)は、前月比0・6%上昇した。前年同月比(季節調整前)では2・5%上昇した。

 原油相場の上昇を背景にしたエネルギー価格が引き続き全体を押し上げており、前月比、前年同月比ともに物価上昇が続いている。

 トランプ米政権は景気刺激策を実施すると表明しており、その行方は今後の物価動向に影響を与えそうだ。

 月ごとの変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月比0・3%上昇。前年同月比では2・3%上昇した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459