消費者物価3・3%上昇/13カ月連続のプラス

2014/07/25 11:12

 

 総務省が25日発表した6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比3・3%上昇の103・4となり、13カ月連続で上昇した。エネルギー価格の上昇と、消費税増税の影響が重なった。上昇幅は5月(3・4%)からは縮小したが、高水準の伸びが続いている。

 6月はエネルギー関連のほか、家電製品、サービスなど幅広い品目で値上がりが目立った。

 エネルギー関連では、ガソリン代が10・6%、電気代は9・9%、都市ガス代は7・4%、それぞれ上がった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459