中小企業37%が価格転嫁できず/消費増税で

2014/07/02 18:26

 

 日本商工会議所は2日、消費税率8%への引き上げ分の一部、または全部を価格転嫁できていないと答えた中小企業が計37・3%だったとの調査結果を発表した。日商は「前回増税の1997年に比べ、転嫁できている企業は多い。今後も円滑に転嫁が進むよう注視していきたい」と説明している。

 このうち取引価格に「全く転嫁できていない」が10・5%、「一部転嫁できている」が26・8%に上った。売り上げ規模が小さいほど転嫁できていなかった。一方で「(全て)転嫁できている」は62・7%だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459