吉野家の牛丼が300円に/4月から20円値上げ

2014/03/11 17:42

 

 大手牛丼チェーンの吉野家は11日、消費税増税と原材料価格の上昇に伴い、牛丼など主な商品の価格を4月1日から10〜20円値上げすると発表した。牛丼並盛りの税込み価格は280円から300円に、大盛りは440円から460円になる。

 一方、ライバルの「すき家」は顧客を確保するため4月から牛丼並盛りを280円から270円に値下げすると発表しており、大手チェーンで増税への対応が分かれた。

 吉野家は牛丼を含む主力8商品の新価格を発表。昨年末に発売した「牛すき鍋膳」の並盛りは580円から10円の値上げにとどめるなど、高価格帯の商品は値上げ幅を抑えた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459