派遣労働者、3年の期間制限廃止/改正案を閣議決定

2014/03/11 10:00

 

 政府は11日、現在3年となっている企業の派遣労働者受け入れ期間の上限廃止を柱とする労働者派遣法改正案を閣議決定した。

 改正案は、3年ごとに働く人を入れ替えることなどを条件に、企業は派遣をいつまでも使い続けることができるとした。2015年4月の施行を目指す。

 企業の派遣労働者受け入れ期間は現在、秘書や通訳などの専門業務を除き最長3年。改正案は受け入れ期間の上限や専門業務の区分を廃止した。

 ただ、企業が同じ職場で3年を超えて派遣を受け入れる場合、労働者の入れ替えや派遣先企業の労働組合からの意見聴取を義務付けた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459