東証、利益確定で反落/下げ幅一時180円超

2014/03/10 11:42

 

 週明け10日午前の東京株式市場は、利益を確定する売りが先行し、日経平均株価(225種)は反落した。下げ幅は一時180円を超えた。

 午前終値は前週末終値比152円74銭安の1万5121円33銭。東証株価指数(TOPIX)は10・59ポイント安の1226・38。

 平均株価は前週末まで4営業日続伸していたため、取引開始直後から利益確定売りが先行した。

 中国の貿易統計の輸出が大幅に減少したことや、朝方に発表された2013年10〜12月期の国内総生産(GDP)改定値が低調だったことも売り材料だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459