ハルカスでバルーン200個/地元園児が空に放つ

2014/03/08 10:57

 

 「あべのハルカス」の展望台で、バルーンを放つ幼稚園児ら=8日午前、大阪市阿倍野区

 「あべのハルカス」の展望台で、バルーンを放つ幼稚園児ら=8日午前、大阪市阿倍野区

 日本一高いビル「あべのハルカス」の7日の全面開業を祝い、同ビル展望台で8日午前、地元の幼稚園児約100人が空に向かってバルーン約200個を飛ばす催しが開かれた。

 ハルカス58階の展望台の吹き抜け部分にある広場で実施し、ハルカスに入る近鉄百貨店本店が募集した小学生―高校生で構成する「あべのハルカス少年少女合唱団」約30人もバルーン飛ばしに合わせて合唱。

 午前9時半ごろ、合唱団の「ハッピーバースデー、ハルカス」という歌声の後、園児たちが高さ277mからピンク色のバルーンを空に放った。園児たちは「わー」「すごい」と歓声をあげ、飛んでいくバルーンに手をふった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459