中国、公的債務が360兆円/地方政府で増加

2013/12/30 20:07

 

 【北京共同】中国の会計検査署は30日、中国の中央、地方政府の債務が計約20兆7千億元(約360兆円)に上るとの調査結果を発表した。

 調査したのは6月末時点の債務。省と市、県といった地方政府の債務総額は10兆元を超えた。地方政府が違法な債券発行などで資金調達した例があったとも指摘した。

 中国は地方政府による過剰なインフラ投資が懸念されている。通常の銀行融資以外の金融取引をする「影の銀行(シャドーバンキング)」が問題になっている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459