アサヒ、高級品に本格参入/ビール2強が主力品強化

2013/12/12 18:31

 

 国内ビール販売で首位争いを演じているアサヒビールとキリンビールが主力ブランドを相次いで強化する。アサヒは贈答用限定だったスーパードライの高級品「ドライプレミアム」を来年2月18日から家庭用に販売すると12日に発表。キリンは同日、「一番搾り」の約5年ぶりの刷新を打ち出した。両社は来春の消費税増税前に、ビール市場を活性化したい考え。

 アサヒのドライプレミアムは、原料に使う国産麦芽などを厳選して、独自の味わいを目指した商品。ことし6月の発売直後の中元商戦で販売が好調だったため、一般販売に切り替える。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459