TPP、年内妥結へ正念場/閣僚会合が開幕

2013/12/07 22:44

 

 TPP閣僚会合の1日目を終え、報道陣の質問に答える西村康稔内閣府副大臣=7日、シンガポール(共同)

 TPP閣僚会合の1日目を終え、報道陣の質問に答える西村康稔内閣府副大臣=7日、シンガポール(共同)

 【シンガポール共同】日本と米国、オーストラリアなど環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国による閣僚会合が7日午後(日本時間同)、シンガポールで開幕した。10日までの予定で、関税撤廃などの難航分野を中心に大詰めの協議を進める。目標の年内妥結は困難な状況になっているが、各国がどこまで歩み寄れるか、交渉は正念場を迎えた。

 日本からは病気の治療のため出席を見送った甘利明TPP担当相の代理として西村康稔内閣府副大臣が参加した。西村氏は7日夜、記者団に「各国の意見は隔たりがかなりある」と述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459