外貨準備、5カ月ぶり減少/財務省、米国債の評価額下落

2013/12/06 09:47

 

 財務省が6日発表した11月末の外貨準備高は1兆2753億5200万ドル(約130兆円)と、前月末に比べ13億9900万ドル減った。減少は6月以来5カ月ぶり。

 米欧で長期金利が上昇し、保有する米国債などの時価評価額が下落したのが主な要因。金が国際的に値下がりしたことも影響した。

 外貨準備の主な内訳は、米国債などの証券が1兆1926億4500万ドル、預金が171億6900万ドル、金が308億2600万ドル。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459