京都にリッツ・カールトン/14年春、ホテルフジタ跡

2011/04/30 17:52

 

 米高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が京都進出を計画していることが30日、分かった。1月に営業を終了した「ホテルフジタ京都」(京都市中京区)を建て替える。国内進出は、大阪、東京に続き3カ所目。土地、建物を所有する積水ハウスとリッツの運営会社が基本合意し、最終調整をしている。

 関係者によると詳細は未定だが、開業目標は2014年春。12年にも建設に着手する。客室は140室未満。日本の伝統と欧米の高級ホテルのスタイルを融合したつくりとなり、海外の富裕層の宿泊を想定して、高級レストランやスパ(温浴施設)も設ける方向。宿泊料は1泊5万円以上となりそうという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459