金融相、復興貢献と歓迎意向/七十七銀の公的資金検討で

2011/04/19 10:55

 

 自見庄三郎金融担当相は19日の閣議後の記者会見で、七十七銀行(仙台市)が金融機能強化法に基づく公的資金の申請を検討すると表明したことについて「地域経済の復興に貢献するためで、高く評価したい」と歓迎する意向を示した。

 金融庁は東日本大震災で被災した地域の金融機関に対し、公的資金による資本増強を促しており、強化法を利用しやすいよう改正する方針。自見氏は、七十七銀をはじめ金融機関から公的資金に関する相談があれば「積極的に応じていく」とした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459