東京円、一時83円台前半/2週間ぶりの円高水準

2011/04/14 17:52

 

 14日の東京外国為替市場の円相場は続伸し、1日以来、約2週間ぶりの円高水準となる1ドル=83円20銭台をつけた。その後は値を下げ、83円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比57銭円高ドル安の1ドル=83円47〜49銭。ユーロは87銭円高ユーロ安の1ユーロ=121円02〜06銭。

 東日本大震災や相次ぐ余震の影響を見極めたいという思惑などで、午前中は比較的安全資産とされる円を買ってドルを売る流れが先行。その後、急激な円高となった反動や米景気の回復への期待感によるドルの買い戻しで上げ幅を縮め、83円台半ばでもみ合った。

 対ユーロでは、ギリシャの財政問題への懸念から円買いユーロ売りが進んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459