富士重工業が米国生産3日間停止/部品調達先行き不透明

2011/04/14 12:25

 

 富士重工業は14日、東日本大震災で部品調達の先行きが不透明だとして、米国インディアナ州にある工場の生産を15日と18日、25日の計3日間、停止することを明らかにした。同工場では「スバル」ブランドの乗用車「レガシィ」などを生産している。

 同工場で手がける提携先のトヨタ自動車の乗用車「カムリ」はこの3日間に加え、21日も生産しない。スバル車とカムリは生産ラインを一部共有。トヨタがカムリの生産停止を決めたため、スバル車の生産効率が落ちることも停止の理由だという。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459