トヨタ格下げ方向、ムーディーズ/震災で業績悪化を考慮

2011/04/06 11:41

 

 格付け会社のムーディーズ・ジャパンは6日、トヨタ自動車の発行体格付けと無担保長期債務格付けを、現在の「Aa2」から引き下げる方向で見直すと発表した。東日本大震災の影響による業績の悪化を考慮した。

 現在は全21段階の格付けの中で、上から3番目。通常の生産体制に復旧するまで「数カ月を要する可能性がある」とし、夏場の電力不足で部品供給が滞る恐れもあるなどと指摘した。一方、下げ幅については「1段階を超えることは非常に限定的」としている。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459