藤沢薬が生産部門を分社化/早期退職200人を募集

2002/09/03 18:08

 

 藤沢薬品工業は3日、国内の医薬品生産4工場の分社化や従業員約1200人の子会社への転籍、早期退職者約200人の募集を柱とする国内事業の合理化計画を発表した。

 人件費などのコストを削減することで収益力や国際競争力を強化し、薬価引き下げなど医薬品市場の環境変化に対応する狙い。

 国内外向けに薬を製造する富山(富山市)、高岡(富山県高岡市)、大阪(大阪市)の3工場を一括、また主に国内向けの富士工場(静岡県富士市)を単独でそれぞれ来年10月1日に会社分割し、二つの生産新会社とする。さらに、化成品事業と治験薬の製造部門も分社化する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459