天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日銀、不動産向け融資過熱と分析/バブル期以来、地銀で残高増

2019/04/17 19:03

 日銀は17日、「金融システムリポート」を発表し、金融機関による不動産業向け融資の対国内総生産(GDP)比率がバブル期の1990年末以来、約28年ぶりに「過熱」に転じたと分析した。特に地方銀行で残高の伸びが目立ったという。

 リポートによると、国内銀行の不動産業向け貸出残高は、2018年末時点で約78兆円となり、バブル期を上回り過去最高だった。新規融資額は減少傾向が続いているが、期間の長い貸し出しが多く、信用金庫を含めた残高の増加率は前年比5%程度の高水準で推移している。

 日銀は最近の傾向として、バブル期と比べて賃貸業向けの貸し出しが増えたと指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.