天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

通販の一方的な規約変更5〜9割/IT大手が出品者に、公取委調査

2019/04/17 18:04

 楽天、グーグル、アップルのロゴマーク
 楽天、グーグル、アップルのロゴマーク

 公正取引委員会は17日、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業のインターネット通販などに関する取引実態調査の結果を公表した。出品者の約5〜9割が国内外のIT大手5社から「規約を一方的に変更された」と回答するなど、取引での不透明性や強引さを指摘する回答が目立った。公取委はIT大手側の聞き取りなどを実施して引き続き調査する。

 対象は、ネット通販やスマートフォン用アプリ配信のサイトを運営する米アマゾン・コム、アップル、グーグルの3社と、日系の楽天、ヤフーの2社を合わせたIT大手5社などとの取引先で、867の回答があった。今年2月以降、ネットで調査した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.