天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

対応レジ補助金申請、想定の3割/軽減税率、小売店に周知

2019/04/17 17:40

 経済産業省は17日、消費税率10%への引き上げ時に導入する軽減税率制度で、対応レジ導入を支援する中小小売・飲食店向け補助金の申請件数が、想定の3割にとどまっていると明らかにした。対応レジが間に合わないと消費者の混乱を招く恐れがあり、小売店への周知を急ぐ。

 経産省は同日、レジ機器メーカーなどと会合を開き、小売店に補助金制度を知らせてもらうよう協力を依頼した。約30万件の利用見込みに対し、15日時点の申請件数は約10万1千件と説明した。10月に予定される税率引き上げまで半年を切っており、経産省の担当者は「危機感を持っている」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.