天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

免震不正で再発防止策を提言/学術会議、第三者の客観的試験を

2019/04/16 19:29

 日本学術会議の土木工学・建築学委員会は16日、油圧機器メーカーKYBなどの免震・制振装置の検査不正問題を受け、国土交通省に再発防止策を提言した。第三者による客観的な試験や、大型製品の試験施設の導入を求めた。

 KYBや、土木建築機材を手掛ける川金ホールディングス(埼玉県川口市)の子会社で昨年、地震の揺れを抑える装置の検査データ改ざんが明らかになった。提言は不正に関し、製品の性能確認を自社検査に任せていたことに「根本的な要因がある」と指摘。製品を建物に組み込む前に、第三者の施設で試験を行う必要性などを訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.