天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

英離脱に揺れる花の王国オランダ/コスト増、商品価値低下も

2019/03/17 15:35

 オランダ・アムステルダムでチューリップ業界団体が輸出振興などのために開催した「チューリップの日」イベント=1月(共同)
 オランダ・アムステルダムでチューリップ業界団体が輸出振興などのために開催した「チューリップの日」イベント=1月(共同)

 世界最大の花の輸出国で「花の王国」と呼ばれるオランダが、英国の欧州連合(EU)離脱に揺れている。主要輸出先の英国が「合意なき離脱」をした場合、英EU間の流通の混乱で輸送が遅れて商品価値が下がりかねない。対策を講じればコストに跳ね返る。花き業界団体は輸出業者に「最悪の状況に備えよ」と促している。

 オランダ花き仲卸・買参者連盟(VGB)によると、同国の昨年の花と植物の輸出額は60億ユーロ(約7600億円)超。英国はドイツに次ぐ第2の輸出先で8億2500万ユーロ(約1千億円)の大市場だ。春は特にオランダの象徴、チューリップの輸出が最盛期となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.