天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

日産・三菱自、新型車を公開/ゴーン前会長事件後、初めて

2019/03/14 18:48

 新型車の前で握手する三菱自動車の益子修会長兼CEO(右)と日産の星野朝子専務執行役員=14日午後、岡山県倉敷市
 新型車の前で握手する三菱自動車の益子修会長兼CEO(右)と日産の星野朝子専務執行役員=14日午後、岡山県倉敷市

 日産自動車と傘下の三菱自動車は14日、昨年11月にカルロス・ゴーン前会長の事件が発覚して以来初めて売り出す新型車を出荷開始の式典で公開した。共同開発した軽自動車で、日産が「デイズ」、三菱自が「eKワゴン」などとして28日に発売する。国内での新型車の発売は日産が約1年半ぶり、三菱自が約1年ぶり。

 式典は岡山県倉敷市の三菱自水島製作所で開いた。三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は「連合の進化のためにいいスタートだ」と述べた。

 日産の星野朝子専務執行役員は「得意のプロパイロット(自動運転技術)を軽自動車に初めて載せた」と仕上がりの良さを強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.