天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

中国ハッカー、経団連を攻撃か/16年公表の不正アクセス

2019/01/13 21:20

 経団連が2016年11月に公表した不正アクセスに、中国政府とつながりがあるとされるハッカー集団「APT10」が関与した疑いがあることが13日、サイバーセキュリティー専門家らへの取材で分かった。

 経団連の国際協力本部の職員に偽メールが送られ、メールを開くとウイルス感染する手口だったもようだ。サイバー攻撃に詳しい専門家によると「ウイルスの種類と外部通信先が、他の事件でAPT10が使ったものと一致した」という。

 APT10は、軍事機密や知的財産を盗むことを目的に活動している「サイバースパイ」の集団とみられ、昨年末には日米英などが一斉に非難声明を出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.