天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

南米の小国ガイアナ、産油国に/利益は限定的か、国境紛争も影

2019/01/11 14:42

 【カラカス共同】沖合で大規模油田が相次いで見つかった南米の小国ガイアナが、2020年中に産油国となる見通しになった。探鉱を受け持つ米エクソンモービルなどに有利な契約となっており、ガイアナの利益は限定的だとの見方も。油田のある海域は隣国ベネズエラとの国境紛争も抱えており、開発に影を落としている。

 エクソンモービルは15年5月、ガイアナの約190キロ沖で初の大規模油田を発見したと発表。人口約77万人、国内総生産(GDP)30億ドル(約3200億円)超の小国が沸き立った。さらに九つの油田が見つかり、埋蔵量は石油換算で50億バレル以上とされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.