天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

欧州委、ナイキ関連2社本格調査/オランダの税優遇を問題視

2019/01/11 10:38

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は10日、オランダにある米スポーツ用品大手ナイキの関連会社2社がオランダ税務当局から承認された税優遇措置について、EUが禁じる「国家補助」に当たる可能性があると問題視し、本格調査に乗り出したと発表した。

 問題は南ドイツ新聞が入手し、共同通信が参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が共有した「パラダイス文書」で発覚。文書によると、税務当局とナイキは05年、関連会社の利益をタックスヘイブン(租税回避地)の英領バミューダ諸島の子会社に移すことで合意、子会社は一時約66億ドル(約7150億円)を蓄積した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.