天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

19年産米、生産量が適正「超」/価格下落の恐れも、JAは抑制へ

2019/01/10 18:18

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は10日、2019年産の主食用米の生産量が、国が示した適正な水準を超えるとの見通しを明らかにした。供給が過剰になると米価の下落を招く恐れがある。JA全中は飼料用米や国の備蓄米への振り向けなど、産地に抑制を促す方針だ。

 国は生産調整(減反)を廃止したが、各道府県は国の示した需要を参考に生産量の目安を設定。JA全中の独自集計で、19年産主食用米の生産量見通しは前年の目安比0・5〜0・7%減だった。生産量が1・2〜2・3%減でないと需要が釣り合わないという。昨年11月に農水省が示した19年産の需要量は718万〜726万トン。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.