天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

ミャンマー中銀、通貨安で介入/外貨不足で効果なし

2018/08/13 15:55

 【ヤンゴン共同】ミャンマー中央銀行が13日までに通貨チャット下落に対応するため、市中銀行へのドル売りチャット買いの介入に動いたことが分かった。ただ介入額は少なく効果が出ておらず、外貨準備高も不足。不安定な為替が日系企業の事業展開に影響を与える恐れがある。

 チャットは6月から、貿易の約4割を占める中国の人民元の下落に呼応して急落。中銀の対米ドル参考レートは10日、5月初旬と比べ約7%安をつけ、2011年の民政移管以降の最安値となった。

 国営メディアよると、中銀は7月末から100万ドル(約1億1千万円)を売却したが、市場の資金流通量の1%にも満たない額だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.