天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

全国地銀でマネロン情報を共有/協会、システムの構築を検討

2018/08/10 16:21

 インタビューに応じる全国地方銀行協会の柴戸隆成氏
 インタビューに応じる全国地方銀行協会の柴戸隆成氏

 全国64の地方銀行で構成する全国地方銀行協会がマネーロンダリング(資金洗浄)対策の情報共有システムの構築を検討していることが10日、分かった。6月に地銀協会長に就任した福岡銀行頭取の柴戸隆成氏(64)が共同通信のインタビューで明らかにした。「マネロン対策は競争ではない。一緒にやっていく余地はある」と述べ、業界団体が主導して取り組む姿勢を強調した。

 マネロン対策に取り組む国際組織「金融活動作業部会」の審査を来年に控え、金融庁は金融機関に対策強化を求めている。柴戸氏は、メガバンクを含め一体となる対応が必要とし、地銀協も「スピード感をもって対応する」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.