天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東電、関西で電気料金対抗値下げ/関電より約4%安く

2018/06/14 19:02

 東京電力エナジーパートナーは14日、関西電力の主な営業エリアで提供している電気料金を7月1日から値下げすると発表した。同じく7月から値下げする関電に対抗する。東電によると、一般的な家庭向けの料金は関電より約4%安くなるという。関西では大阪ガスも値下げを発表し、競争が激化している。

 関西で提供している家庭用料金「スタンダードA」は、使用量が340キロワット時で月約7800円となる。関電の「従量電灯A」と比べると月額で340円ほど安い。使用量が多い家庭向けの「プレミアムプラン」は関電に比べて約13〜14%安くする。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.