天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

天ぷら油から自動車燃料/マツダ、ユーグレナなど

2018/06/13 17:58

 記者会見後、写真に納まるユーグレナの出雲充社長(右から4人目)ら=13日、広島市
 記者会見後、写真に納まるユーグレナの出雲充社長(右から4人目)ら=13日、広島市

 広島県や広島市、広島大、マツダなどで構成する「ひろしま自動車産学官連携推進会議」は13日、バイオベンチャーのユーグレナ(東京)と連携し、使用済みの天ぷら油やミドリムシを原料に次世代のバイオディーゼル燃料を製造する取り組みを始めると発表した。化石燃料に代わる自動車燃料として2020年をめどに実用化を目指す。

 県内の家庭や事業所から回収した天ぷら油などを、横浜市にあるユーグレナのプラントに供給し、バイオ燃料を製造。まず公用車で実証実験を行い、将来的に一般車両にも広げたい考えだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.