天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

自動車の国内生産、1千万台必要/自工会の豊田新会長が認識示す

2018/05/18 19:18

 日本自動車工業会(自工会)の豊田章男新会長(トヨタ自動車社長)は18日、共同通信などのインタビューに応じ、自動車の国内生産体制に関し、1千万台規模を維持することが必要との認識を示した。来年10月の消費税増税に向け、自動車関連税制の見直しに取り組む姿勢も強調した。

 2017年度の車の国内生産は各社合計で967万6145台だった。前年度から3・4%増えたが、近年は1千万台割れが続いている。豊田氏は「自動車産業は裾野が広く、素材や設備を考慮するとある程度の規模が必要だ」と述べた。

 「車離れ」の動きには、税金や保険料など維持費の高さが背景にあると説明した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.