天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

消費税の来秋引き上げを、市長会/研究会が報告書公表

2018/05/18 18:17

 人口減少や高齢化に対応できる地方自治体の税財政制度を検討してきた全国市長会の研究会(座長・牧野光朗長野県飯田市長)は18日、報告書を公表した。引き続き社会保障などの経費増加が見込まれるとして、予定通り2019年10月に消費税率を10%に引き上げることが必要とした。

 報告書は、社会保障のほか、老朽化した公共施設の維持管理や、情報通信技術を活用した教育への対応などの負担が増え、歳出削減といった努力だけでは行政サービスの水準を維持できないと指摘。税収が安定的な消費税の税率を10%に引き上げ、将来的にはさらなる増税を検討することを求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.