天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

再生エネルギー主力化で原発低減/経産省、温暖化対策へ構造転換

2018/05/16 13:20

 福島県相馬市の大規模太陽光発電所=2017年
 福島県相馬市の大規模太陽光発電所=2017年

 経済産業省は16日、新たなエネルギー基本計画案を有識者会議に示した。同日夕の取りまとめを目指す。再生可能エネルギーの主力電源化を進めて、原発の依存度を可能な限り低減するとしたのが柱だ。温暖化対策を進めるため、二酸化炭素(CO2)を出さないエネルギー構造に転換する必要性を強く訴えた。ただ、2030年度に再生エネを22〜24%、原発を20〜22%とする発電割合の目標の変更には踏み込まなかった。

 今回の計画は、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を見据え、従来よりも対象期間が長い50年に向けたエネルギー政策の指針を盛り込んだのが特徴。今夏に閣議決定する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.