天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

東証、午前終値2万2731円/マイナス成長が売り材料

2018/05/16 11:53

 16日午前の東京株式市場は、1〜3月期の実質国内総生産(GDP)がマイナス成長に転落したとの発表や米株安が売り材料視され、日経平均株価(225種)は続落した。一時2万2800円を割り込んだ。

 午前終値は、前日終値比86円93銭安の2万2731円09銭。東証株価指数(TOPIX)は3・17ポイント安の1801・98。

 内閣府が朝方に発表した1〜3月期のGDP(季節調整値)速報値は9四半期(2年3カ月)ぶりのマイナスとなり、投資家心理が冷え込んだ。

 前日のニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均が9営業日ぶりに下落。東京市場はこの流れを引き継いだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.