天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

エアバス、最新鋭機を羽田で公開/日航が13機導入予定

2018/02/14 16:12

 羽田空港で公開されたエアバスの最新鋭旅客機A350―1000型=14日
 羽田空港で公開されたエアバスの最新鋭旅客機A350―1000型=14日

 欧州航空機大手エアバスは14日、日航が13機の導入を予定している最新鋭旅客機A350―1000型の内覧会を羽田空港で開いた。全長約74メートル、航続距離は約1万5千キロで、日本から北中米や欧州各都市までの直行便が運航できる。

 エアバスなどによると、機体には軽くて丈夫な炭素繊維強化プラスチックを使用し、燃費の向上や整備コストの低減が図れるという。標準座席数は366席。日航が導入を始める時期は未定だが、長距離の国際線に使われる見込み。

 出席した日航の植木義晴社長は「最高の飛行機にして、利用者に喜んでもらえるよう努力したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.