天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

パナソニック「イクボス」育成中/ガイド本も作成へ

2017/02/17 16:01

 パナソニックが、部下の仕事と育児の両立を後押しする「イクボス」の養成を本格化させている。国内約5千人の課長職に社内研修を実施しており、17年度には育児支援のガイド本も作成する方針だ。国内だけで約10万人を抱える電機大手が率先して取り組めば、働き方改革に弾みがつきそうだ。

 「部下の仕事と生活の両立を考え、自らも仕事と私生活を楽しむ。(管理職は)部下にお手本を示してほしい」。昨年12月、長栄周作会長が社内メッセージを発し、社を挙げて進める姿勢を明確にした。

 課長職の研修は、14年の大掛かりな人事制度改革の流れで15年から始め、既に約2600人が受けたという。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.