天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

山形新県産米は「雪若丸」/白くてつや、来秋出荷へ

2017/02/16 19:17

 新たな県産米の名称「雪若丸」を掲げ笑顔の山形県の吉村美栄子知事(右)=16日、山形市
 新たな県産米の名称「雪若丸」を掲げ笑顔の山形県の吉村美栄子知事(右)=16日、山形市

 山形県は16日、来年秋から市場で売り出す新たな県産米の名称を「雪若丸」に決めたと発表した。しっかりした歯ごたえのある炊きあがりが特徴で、台湾など国外でも人気の「つや姫」に次ぐ主力品種に育て、県産ブランド米のおいしさをアピールする考えだ。作付面積の目標は1700ヘクタールで、来秋に1万トンの出荷を目指す。

 昨年8月に名称を一般に募った結果、約1万6千の応募があり、県民投票や消費者アンケートの結果を踏まえ、県や農協関係者が選定した。「牛若丸」に着想を得た名称で、白くてつやがあるコメの特徴にふさわしいと判断したという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.