天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細
 
 

身代金ウイルス被害最悪/16年、約3・4倍に

2017/01/11 18:32

 情報セキュリティー会社のトレンドマイクロは10日、パソコンのデータを開けないようにし、復旧のための金銭を要求するウイルス「ランサム(身代金)ウエア」の国内の被害報告件数が、2016年1〜11月の合計で約2690件に上ったと発表した。15年通年(1〜12月)の約3・4倍と過去最悪になった。

 法人の被害が8割強を占めた。業務に必要な重要データが暗号化されて使えなくなり、やむなく身代金を払ったケースもあるとみられる。

 同社のセキュリティー製品を搭載したパソコンでの同期間の検出台数は、約9・3倍の約6万2400台と急増した。

関連記事

powered by weblio


同じジャンルの記事

ロード中 関連記事を取得中...
 

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.