天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

国内初の「搭乗橋広告」/成田空港、44基にロゴ

2005/10/11 16:59

 成田空港で始まった搭乗橋広告の前で握手する成田国際空港会社の黒野匡彦社長(左)と、広告主HSBCのグラハム・マクノートン在日代表=11日午後
 成田空港で始まった搭乗橋広告の前で握手する成田国際空港会社の黒野匡彦社長(左)と、広告主HSBCのグラハム・マクノートン在日代表=11日午後

 金融グループのHSBC(本部ロンドン)は11日、成田空港の旅客搭乗橋44基に社名やロゴの入った広告掲示を始めたと発表した。成田国際空港会社によると、搭乗橋への広告掲示は国内の空港で初めて。

 広告はターミナルビルから直接、旅客機に乗り降りできる搭乗橋の外壁と内壁(通路側)に施されている。2008年度末までの契約で、ターミナルビルと航空機を行き来する旅客1億人以上が目にする計算。広告料は数億円という。

 民営化で収益事業が可能になった空港会社が、HSBCに広告スペースの提供を打診していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.