天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

セブン、時短実験に希望150店/24時間営業見直し、関心高く

2019/05/21 18:51

 インタビューに答えるセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長
 インタビューに答えるセブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長

 セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は21日、共同通信のインタビューに応じ、24時間営業の見直しに向けた時短実験について、フランチャイズ加盟店約150店から参加希望が出ていると明らかにした。オーナーの時短への関心は高く、4月下旬時点の約100店から広がっている。

 3月から直営店10店で開始した営業時間短縮の実験が、加盟店約20店にも拡大していることも明らかにした。永松社長は「重要なのは地域社会に役立てるかだ。その商圏に24時間営業のニーズがないのであればやる必要はない」と述べ、実験後に希望すれば営業時間短縮を容認する考えも重ねて示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.