天気予報を見る
 
新聞購読申込
全国ニュースTOP > 全国ニュース > 経済一覧 > 記事詳細

損保、豪雨や台風で支払い最大/大手3社、利益は確保

2019/05/20 19:43

 西日本豪雨や台風21号など昨年相次いだ国内自然災害に伴う損害保険大手3社の保険金支払額が計約1兆6600億円と、東日本大震災時を上回り過去最大だったことが20日、分かった。各社が2019年3月期連結決算で明らかにした。3社とも、再保険や「異常危険準備金」と呼ばれる積立金の取り崩しで悪影響をほぼカバーし、決算は純利益を確保した。

 純利益は、資産運用が好調だったMS&ADホールディングスが前期比25・1%増の1927億円、SOMPOホールディングスが4・9%増の1466億円だった。東京海上ホールディングスは3・4%減の2745億円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.